男性と女性

塾を独立して経営する際の豆知識|役立つ経営術

ビジネスを拡大

保育士と子供

為替レートを把握しておくことにより、ビジネスの進出におけるチャンスをつかみやすくなります。経営に関する様々な判断が下せるということで、多くの人から注目されるようになっています。

View Detail

働きやすい環境

女性たち

NPO法人設立は働きやすい環境を目指すために設立を考える人も多いです。社会福祉の重要性が注目されたことで設立を検討する方も多くなりました。これからNPO法人で稼ごうとしているなら給与設定を考える必要があります。

View Detail

人気の職業

カフェ

飲食店経営の中でもカフェの人気が高まっており、独立して開業したいと考える人が増えてきています。癒し空間として利用することができますが、実際に自分が開業するためには資金集めやお店の雰囲気を考える必要があります。

View Detail

経費を精算する

男性

交通費精算もWebサービス

塾を独立して経営する際には、経費精算処理において経理部門が時間を要する作業のひとつに交通費精算の妥当性確認があります。例えば、社員Aさんが取引先であるZ社に訪問した際の交通費を精算するときなのですが、会社のある池袋からZ社がある恵比寿に移動するのですが、社員Aさんは新宿から池袋間の通勤定期を持っている場合、交通費精算は通勤定期区間を除外する新宿から恵比寿間の費用を精算しなければなりません。しかし、このルールが周知されていないと定期区間を重複して精算してしまうことになりかねません。かといって、定期区間を除外して計算するのは容易なことではありません。 最近では、ワークフローシステムを利用して経費精算を行っている会社も多いかと思いますが、その場合、路線経路検索サービスのWebAPIサービスを利用することで、比較的容易に定期区間を除外した交通費を確認することもできるようになっています。

転記作業の効率化

塾の独立経営における経費精算処理でポイントとなるのは金額の正確な入力と、領収書の原本保管です。どういうことかというと、金額は最終的には会計システムにデータとして入力されますが、領収書の原本は紙もしくはスキャンされたイメージデータです。双方は内容が一致していなければならないのですが、データと紙という性質上、どうしても転記操作が発生します。ここがミスが発生しやすいポイントです。そこで、ワークフローシステムを利用している会社では、経費精算を申請する人に金額の入力をさせるのは当然ですが、あえて経理担当者も同じ領収書や証憑を見て金額を入力します。システムでは入力された2つの金額が一致していなければ先に処理を進めないようにします。こうすることでより正確な経費精算処理を行え、結果として手戻り作業や二重三重の確認作業が減ることで経理業務の効率化、統制につながります。